株式会社日本計測|風量測定・騒音測定など各種測定 > NEWS > 【測定器の校正証明書・トレーサビリティ】これですぐに理解できます!

NEWS

【測定器の校正証明書・トレーサビリティ】これですぐに理解できます!

2022.02.06

日本計測では、測定器に対して心ある取扱いを徹底しております。

日頃から、測定器を丁寧に扱い、掃除やメンテナンスを行うことは日本計測では当たり前のことです。

その中でも、測定器の校正証明書は、測定器になくてはならない大切なものです。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

測定器は日本計測の「命」であり「相棒」である。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

【校正証明書の計量トレーサビリティとは】

測定器には、校正証明書類が必ず必要です。

それは「計量トレーサビリティ」を証明する重要な証明書となります。

測定器が、どのような基準器(狂いのない正確な比較対象)を使って比較し、校正されたのかを証明するものです。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

トレーサビリティと言う言葉が、「追跡可能」を意味する通り、計量トレーサビリティは、「測定結果が、国家標準または国際標準に対して、切れ目のない比較の連鎖によって関連付けられる」ということになります。

簡単に言えば、「あなたの測定器はちゃんと国家標準、あるいは国際標準で校正が取れていますよ」ということです。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

また、測定器の校正を簡単に説明すると、「国家標準、国内標準に合致している基準器によって、比較、検査を行い、正確性を証明する」ということです。

分かりやすく言えば、日本標準時刻の明石の時計と自分の時計を比較し、正確かどうかの判断をするというようなニュアンスと同じです。

※トレーサビリティ体系図

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

【校正証明書は必ず3点セットで】

校正証明書には、「トレーサビリティ3点セット」と呼ばれる3つの証明書があります。

1.校正証明書

2.基準器検査証明書(試験成績表)

3.トレーサビリティ体系図

日本計測では、データや測定値の証明力を深めるため、上記のトレーサビリティ3点セットをお客様へ提出しております。

日本計測が完成させた報告書やデータを、お客様側で施主様、官公庁、関連企業へ提出する際に、併せて校正証明書をお使いいただき数値の正確さを証明していただけます。

※風速測定器の校正証明書

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

【校正証明書の期限の見方】

上記の校正証明書をご覧下さい↑

ご依頼者:株式会社日本計測と記載されている下部に校正日と日付が表示されています。

日本計測では、校正した日から1年以内に必ず校正に掛けるよう徹底しております。

校正日:2021年10月8日となっていますから、2022年10月7日を超えていなければ良しと判断できます。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

【基準器の有効期限】

基準器にも有効期限が表示されています。

この場合、校正日よりも先であれば、校正した時に基準器も有効期限内にあると判断できます。

2021年10月8日が校正日ですので、基準器の有効期限が一番近い、2021年11月1日でも有効期限内に校正をしたことが証明できます。

校正ですから、もちろん検査機関で有効期限が切れた基準器を使用することは、まずあり得ないことですのでご安心ください。

※基準器検査証明書(試験成績表)

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

【校正証明書のない測定器は信頼の崩壊につながる・・・】

校正証明書がない測定器で測定すれば・・

誰にもその数字が正確だということが証明できないということになります。

測定器は常にメンテナンスをしていなければ誤差や正確性が低下していきます。

測定した数字が正しい値であり、公正・正確だということを信頼できる第三者機関で証明できなければ、すべての数字が無駄・無意味になるだけではなく、ある意味では嘘の数字、事実ではないということになります。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

校正証明書の徹底、測定器を大切に扱うと言うことは、お客様に対する信頼の約束です。

日本計測は、お客様に対する信頼だけは何が何でも譲りません。

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

校正証明書の重要性

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定ご依頼の御礼・お客様紹介6

 

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

風量測定 風量測定 風量測定 風量測定

※このホームページのすべての文章・写真を転用・引用することを一切禁じます。

快適な環境づくりに
まっすぐ。